天体の発達域(月~冥王星)

こんにちは。愛美子です。

 

10個の天体には、「発達域」というのものがあります。

生まれてから、全ての天体が同時に発動するか、と

いえば、そうではないんですね。

 

成長に応じて、体験を積んでいくことで、

天体の活動が刺激されていくのです。

 

・月期(0歳~7歳)

受動天体なので、幼少期の親・周囲の環境から、影響を受けます。

無意識に色んなものを吸収している時期です。

月の状態で、子どもの頃の状況が推察できます。

 

・水星期(8歳~15歳)

小学生から中学生の時期が該当します。

知性・コミュニケーションの星なので、社会へ出るための基礎を学ぶ時です。

水星の状態が活発な人は、この時期に、才能が伸びます。

 

・金星期(16歳~25歳)

高校生から、社会人になりたての時期です。

この時期になると、楽しみや快感を経験して、様々な分野での

感性を高めていくときです。

愛情の星でもあることから、恋愛をし、愛情を知る頃です。

 

・太陽期(26歳~35歳)

自分の人生目標を定め始める時です。

仕事にも、少しずつ慣れ、家庭も持つ人も出てくるでしょう。

そんな中、社会で自分の人生をどう創造するのか、

活動していく時期です。

 

・火星期(36歳~45歳)

太陽期に決めた方向性に向けて、

アグレッシブに、推し進める少々、強引な時期です。

火星期は、とても、攻撃性が増す傾向にありますので、

トラブルも増えがちになります。

ただし、恐れずに、チャレンジしてほしいです。

自分で抑え込んでも、結局、外から、トラブルなどがやってきます。

この時期は、失敗しながら、大いに学ぶ時だと腹を括る時です。

 

・木星期(46歳~55歳)

火星期のエネルギーを外へ放出する時期を終え、

許容と許しの年代へ入ります。

この年代の人で、カリカリしている人を

そう見かけることはないでしょう。

木星は、拡大させていく天体なので、

木星が入っているサイン、ハウスは、

これまでのご褒美であるかのように、

自然に発展していきます。

 

・土星期(56歳~70歳)

会社では、役職定年に該当し、定年後、社会の前線から

1歩置いた年代になります。

土星は、苦手意識や指導など、窮屈さを感じさせます。

この時期になると、これまで、苦手で出来なかったことが、

出来るようになったり(克服)、

これまでの経験を活かして、ルールを作ったりと、

社会的に貢献することで発達していきます。

 

・天王星期(71歳~84歳)

ルールや制限を超えていく年代です。

この年齢になると、

これまでの人生経験に囚われない価値観になります。

周囲から見たら、変わっている人と見られるかもしれません。

 

・海王星(85歳~)

海王星は、ファンタジーの世界です。

現実感が乏しくなります。

 

・冥王星期(死の瞬間)

限界を超える時です。

死と再生の瞬間です。

 

自分の年齢から、今、自分が何期であるか、分かると、

今の自分のテーマや課題が

見えやすくなります。

 

ただ、じっと、過ぎるのを待つのではなく、

燃焼しきることが、

次の天体の活動域を

発達させる要因になります。

~~~~~ 人生を再構築する占術師 愛美子 ~~~~~

ABOUTこの記事をかいた人

星原リリア

女性リーダーのための【リリア式】キャリアアップ西洋占星術家の星原リリアです。 家庭と仕事を両立しながら、大企業の管理職として拠点長を担った実績があります。仕事とプライベートの狭間で発生する多くの問題を心理学・脳科学・経営学・西洋占星術を活用して、地に足の着いた成果の出る指導をしています。