運には、人の詮索は通用しない

こんにちは。

「キャリアアップ西洋占星術家」の星原リリアです。

 

2、3年前のことを少し思い出しました。

 

今でも言われていることですが、

会社等では中高年層が多くて、

ポジションが足りない状況です。

 

誰かが役割を下りないと

そのポジションに付けないのです。

 

私自身もそれなりのポジションにいて、

自分がこの役割をやっている限り、

直下のメンバーは、いくら優秀であっても、

上がってこれないな、と思っていました。

 

たまたま、入社のタイミングが違うだけで、

こんなに、待遇の差があることに、

少々、

罪悪感さえ感じていたのです。

 

たまたま、私の転職が決まり、

私の後任として、

直下のメンバーがその役職に就くことが

決まっていたのですが、

 

何と、半年もしない間に、

その役を下ろされてしまい、

その半年後には、退職してしまいました。

 

私としては、

「せっかく、チャンスを上げたのに」

という思いでいっぱいでしたが、

 

いくら、私ごときが、

「良き計らい」と思って、

行動していたとしても、

 

結局は、本人次第ということで、

自分の浅はかさを実感したのです。

 

運の大きな流れというか、

自分が影響を与えられないことに

対して、

 

いくら、良いことだと思っても、

私の身勝手な思いだった、という事です。

 

もし、みなさんも、

人よりも、恵まれた環境にいるとしたら、

十分にその恩恵を感じて、

周りにいる人のために、

分け与えて下さい。

 

罪悪感を感じる必要はありません。

 

妬まれるかもしれませんし、

揶揄してくる人もいると思いますが、

受け流して下さい。

 

そういう図太さを持っていて欲しいです。

 

その役割を与えられても、

あなたの代わりに、なれるかどうかは、

別問題だからです。

 

まずは、自分を満たすことに集中しましょう。

~~~~~~  星原リリア  ~~~~~~

 

ABOUTこの記事をかいた人

星原リリア

女性リーダーのための【リリア式】キャリアアップ西洋占星術家の星原リリアです。 家庭と仕事を両立しながら、大企業の管理職として拠点長を担った実績があります。仕事とプライベートの狭間で発生する多くの問題を心理学・脳科学・経営学・西洋占星術を活用して、地に足の着いた成果の出る指導をしています。